pabulumの日記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pabulumの日記

早稲田の文芸サークルpabulumのブログです。

Tokyo Zinester Gathering 2016

2日目の今日、行って来ました。
Tokyo Zinester gatheringはzineを売ったり買ったり交換したりするイベントです。場所は、桜台のイベントスペース、pool。池袋から西武池袋線で10分ほどで行くことができます。

poolに着いたのは4時頃、ちょうどライブがはじまる直前で、良いタイミングでした。ライブををしたのはその他短篇ズという女性デュオで、はじめて聴いたのですが、ポップでチープな感じが会場の雰囲気と合っていました。とても良かったです(お金がなかったので200円しか投げ銭してないです、ごめんなさい)。

B.B.B/その他短篇ズ
https://youtu.be/ChXHQEeY330

30分ほどのライブが終わって、ふらふらzineを見ていると、「モモ」という名札(?)をつけた女性がzineを売っていて、もしかすると、と思っていたら、やはり野中モモさんでした。『ガール・ジン』を訳していらっしゃる方ですよね、と言うと、そんな渋い本に興味をもっていただいて、と謙遜されていました。(財布が見つからないとおっしゃっていましたが果たして大丈夫だったのでしょうか‥‥‥)。そこでは、アメリカのzineの作り方の本、『stolen sharpie revolution』と『TEKITOU KANTAN TAN』という野菜フリーター漫画(!?)を購入。

f:id:pablum:20161204180835j:plain


その隣では韓国の女性が、zineやCDなどを売っていました。彼女は、アーティストや本を紹介するサイト(thehandbook.kr)を運営している方だそうで、色々面白いお話を聴くことが出来ました。そこでは写真集を購入しました。

f:id:pablum:20161204182814j:plain
左が写真集。右のポストカードの言葉は、「最後まで闘う」という意味で、80年代の民主化運動のスローガンだそうです。



f:id:pablum:20161204183450j:plain
その他購入したり、もらったりしたzineやステッカーなど


和気藹々とした、楽しいイベントで、自分でもzineを作ってみたくなりました。PABULUMで作れればいいんじゃないかな、と勝手に思ってもいます。(Take)